前へ
次へ

善意と悪意も使い方が法律上では違っている

悪意や善意って何だろう、とある法律家から聞いた小話ですが、法律上の悪意は、ある事実について知っている

more

ネットユーザーも気を付けたい法律トラブル

インターネットの普及に伴い、トラブルも生まれています。
出会い系からネットオークション、多発す

more

法律を守ることで中長期的にも得をするという話

法律を守ることは国に生きる国民にとって大切なことですが、それを無視して生きている方も少なからず存在し

more

相続した空き家の売却をご検討中なら

空き家問題を解決するため、現在では法整備も積極的に進められています。
その1つとして平成28年4月には、相続によって継承した空き家を売った場合、条件を満たせば譲渡所得から3000万円の控除を受けられるようになりました。
区分所有権の物件は対象外ですが、これは自宅の売却と同様の控除ですから、空き家を相続して困っていた人には朗報とも呼べる法改正です。
その適用条件は数々あり、相続直前に被相続人の居住用家屋であったことや、相続の開始直前に被相続人以外は誰も暮らしていなかったことなどが挙げられます。
また、空き家の建築日もポイントになっており、昭和56年5月31日より以前に建てられた物件が対象です。
さらに譲渡する期限や控除が受けられる期日など、色々定められているため、空き家を売却するなら早めに不動産会社で相談してみると良いでしょう。
不動産会社へ行けば、それ以外でも不動産相続に関する法律相談を頼めるので重宝します。

兵庫県の天空ゴルフ場
ベル・グリーンカントリークラブ

豊橋 金 買取
金を高く売るなら鑑定歴10年のよろず屋で決まり

電線ドラム

Page Top